本船は伊豆東海岸富戸港所属です


3名様からの仕立船で出船は自由です、1名様10,000円〜(キンメ、アコウ、ベニアコウ、アブラボーズは15,000円、尚2名様の場合は1名様20,000円)



船長からのおしらせ   コロナ感染防止のためマスクの着用をお願いいたします、体調がすぐれないときはすぐキャンセルの電話を(キャンセル料はいただきません)
1.現在水温 3月10日15.0℃(富戸沖ダイバー情報)。
2.キンメ釣は東部一本釣協議会の取り決めで、毎週月曜日と土曜日(土曜日は4月1日〜9月30日)、12月31日、正月1月1日〜3日と8月14日〜16日は禁漁、但し、*12月の最終月曜日は操業可とする。(ベニアコウ、アブラボーズは火曜日休業)なお、ベニアコウ、アブラボーズの釣開始時間はキンメと同じ、投入は12時まで、午後1時には漁場を離れる、(操業期間11月1日〜5月31日まで)。
3.年間キンメ投入時間 2月5日(6時00分) 3月10日(5時40分) 3月24日(5時20分) 4月16日(5時00分) 4月28日(4時40分)
  5月17日 (4時20分) 7月25日(4時40分) 8月22日(5時00分) 9月19日(5時20分) 10月22日(5時40分) 11月11日(6時
  00分) 12月1日(6時20分)但し、 投入は5時00分(4月27日まで)投入時間の1時間10分前に出航(大島のキンメ、アコウ)(尚ベニアコウ、アブラボーズは40分前出港)
 
4.川奈沖、初島周辺、網代沖のコマセ釣り開始時間
 11月16日〜3月31日 (午前6時30分) 4月1日〜4月30日 (午前6時) 5月1日〜9月15日(午前5時30) 9月16日〜11月25日(午前6時終了は日没まで
) (川奈沖のワラサは12時納竿)
 上記以外の釣開始時間(コマセ釣りも含む)
  4月1日〜5月31日(5時30分〜日没) 6月1日〜8月31日(5時00分〜日没) 9月1日〜9月30日(5時30分〜日没) 10月1日〜10月31日(6時00分〜日没) 11月1日〜2月末日(6時30分〜日没) 3月1日〜3月31日(6時〜日没) 

5.これからの狙いものは、アカハタ、カサゴ、オニカサゴ 、キンメ、アコウ、赤ムツ、マダイ等です。
6.乳ヶ崎沖、キンメ釣禁漁期間の設定について「8月1日〜8月31日の間」。規制対象海域以外でのキンメ、アコウ釣は可能 
7.富戸港沖のライトキンメは、年間を通じて禁漁となりました
※ お泊りのご案内   一本のえんぴつ0557(51)4001(伊豆急富戸駅徒歩5分) 川上ペンション0557(51)3683(ひろし丸自宅隣) 


富戸港の行き方
各種仕掛け
予約状況表


釣り船ひろし丸

  tel 0557-51-0964
      携帯にTELして下さい(18時まで)
連絡先 fax 0557-51-0964
携帯 090-3953-7112





お客様の笑顔
もっと見たい方はこちら
    2022年5月23日
本日はお客さん1名オニカサゴ狙い、「目立ちたいわけではありません」お客さんがオニカサゴ2匹だったので「変なオヤジの登場」オニカサゴ980g、カンコ880g
 
    同日
船長の釣果オニカサゴ6匹、カンコ3匹、アヤメカサゴ2匹、魚の下は木のゲージ30p
 
    2022年5月17日
本日はお客さん7名狙いはアカハタ、大潮ではあるが潮があまり動かず、こちらのお客さんアカハタとカサゴのイッカ、アカハタは10匹歩度釣ったが30p以上は3匹、カサゴはボチボチ
 
   2022年5月3日
本日はこちらのお客さんが一人、狙いはオニカサゴ、釣果は船中8匹25p以下3匹リリース、こちらはイッカ2匹で1.9s
 
   同日
本日も船長は竿を出し、1.7sをゲット潮は最初と最後に動いた
 
   2022年5月2日
本日お客さんは4人、イサキ狙い潮が落ち着かないまた同じ場所で暫くすると食い気がなくなる、イサキは3匹〜30匹オーバー(一人だけ)他に小型のシマアジ、カンパチ、メジナ多数、ウマズラハギなど
 
   同日
こちらのお客さんの一人勝ち、イサキ30匹オーバー仕掛けはハリス3号6m(船長イサキ3匹、シマアジ1匹、メジナリリース含め6〜7匹、大型ウマヅラハギ1匹)仕掛けはハリス4号4.5m、潮はかなり澄んでいる
 
  2022年5月1日
本日お客さんは二人、狙いはキンメで大島との中間点で投入したが潮が早く1s位のクロムツとユメカサゴのみ、港前に戻りオニカサゴを狙った、アラと1.5sのオニカサゴを同時にゲットした後潮が止まる前1.0sのオニと良型のメバルを上げて終了
 
  2022年3月20日
本日はジグでアブラボーズ狙い、低気圧の通過でうねりが大きく朝潮も動かなかった、5投目20.6sのアブラボーズが上がった(2年前にも47sのアブラボーズをゲット)
 
  2022年3月20日
本日お客さんは一人狙いはベニアコウ、二日前の低気圧の影響でうねりが高く小さな当たりはあったが確実ではない、潮が止まって巻くとアコウの確かな手ごたえ、一番下の針にかかっており、泡とともにポッカリ浮いた(4.4s)
 
 2022年3月19日
本日お客さんは5名、前日の低気圧の影響でうねりが高く潮も動かず、船中3匹のオニカサゴではあったが久々の大物(1.6s)他にキダイ、アヤメカサゴ、ワニゴチ
 
 2022年3月12日
つり丸さんの取材でオニカサゴを狙いました、朝潮は動かず水フグの猛攻場所を東伊豆町の堺の方まで移動しましたが当たりなし、また元の場所に戻ってようやくオニカサゴ3匹他にワニゴチ、アヤメカサゴ
 2022年3月10日
本日のお客さんは1月27日に31.0sのアブラボーズを釣られた方、今日は47.0s今シーズン3回の乗船でアブラボーズ2匹計78.0s、船上で卵が流れたが腹の中は空っぽだった産卵は終わったかも、本日の水深680mは普段の生息域では?(PE2号、700gのジグ使用)
 
     2022年3月3日
本日のお客さんはジグでアブラボーズ狙い、いつものポイントは当たりがない日が続いたので本日は過去に実績のある場所に変更、4流し目に18sのアブラボーズをゲット釣り上げてすぐ大量の精液が流れたので産卵は遅れているかも(下田の方の船宿も同じことを言っていたそう)
 
     2022年2月23日
本日のお客さんは2月4日に乗船いただいた方々、6時30分投入と同時にこのクラスのオニカサゴが4匹(船長はイッカ)その後続けて釣れると思っていたらミスフグの猛攻、少し小さなオニカサゴを追加したものの他にキダイ、アヤメカサゴ、ワニゴチ、鯖などを追加して終わった
 
    2022年2月4日
本日はお客さん4人、このところ調子が良かったポイントに入るも潮が流れず1sのオニカサゴ1匹とワニゴチ2匹、場所を変え投入と同時にオニカサゴのイッカ、しかし鯖の反応だらけで魚探に海底が映らず、リリースサイズのオニカサゴを追加して終了
 
    2022年1月29日
本日はお客さん二人、オニカサゴを狙って0匹〜5匹途中から潮も動き出しまずまずの釣果(船長は9匹、1匹25p以下でリリース良型は1匹だった)
 
   2022年1月27日
本日はお客さん3人名古屋からお出でになりジグでアブラボーズ狙い、2投目に31.0sのアブラボーズ、3投目に4.8sのアコウを釣る
 
   同日
水深560m〜640m、このアコウは620mで釣れた、使用ジグは800g〜1.1s過去に釣れたアコウは3.9sだから記録更新
 
  2022年1月23日
本日はお客さん3人一人船酔いで下船、潮は程よく流れお客さんと同時にオニカサゴゲット(船長はイッカ)お客さんはオニカサゴ1〜4匹、船長は10匹
 
  同日
船長の釣果、最後の流しにもう1匹追加、潮はよく流れ魚探にも良い反応が出ていたが、水温が低いせいか当たりは弱く、大型はプルプルと弱いが当たりはわかったが、小さいものは竿先がコツっと1回動いただけ、波があったらわかりずらいと思う
 
  2022年1月21日
前日に続いて、本日もカワハギ狙い関東近辺では今季カワハギが不漁のようですがここにきてカワハぎの食いが渋くなり、二日間とも竿頭は10匹、水温は14度代
 
  2022年1月15日
本日のお客さんはオニカサゴ狙い、暫くオニカサゴは釣れていなかったが本日は0.4s〜1.3sのオニカサゴ船中12匹、クーラーの上のオニカサゴは船長が釣ったもの(5匹)、最初の7匹はヤリイカだけで、後半鯖エサでも釣れた、1.5sのアラと他に小さなアラが3匹、キダイも交じった
 
   2022年1月8日
本日のお客さんは一人でベニアコウを狙う、朝、潮は深い方に流れていたが二枚潮の可能性があったのであえて投入、読みどうり一投目に3.3sのベニアコウ、二投目に45sのアブラボーズ三、四投目は二枚潮が早くなってイバラヒゲだけだった
 
  2021年12月15日
本日は「つり丸」の取材でテル岡本さんと二人ベニアコウ狙い、一投目、二投目は底潮が動かず移動した三投目に6.5sのベニアコウをゲット、終了時間が決められたため4流ししかできない(海が悪く、寒くて日の当たるところへ移動していたので魚の当たりは見てませーん)
 
 2021年11月14日
本日のお客さんも久しぶりの乗船、狙いはオニカサゴ潮はあまり動かなかったがオニカサゴ船中7匹、25p以下リリース2匹(船長1匹ゲット)
 
   
 2021年11月6日
本日のお客さんは一人で御覧のアカハタ狙い、前回はエサで狙ったが今回はワームとエサの両方の予定がワームで入れ食い状態、小型はリリースしてもほぼクーラーがいっぱい15匹ゲット(ワームを投げずに船下釣)
 
   2021年8月30日
本日のお客さんは前日急遽の申し込み、今年はアカハタがあまり芳しくないと説明してからの出船、ところがソフトワームを投げて、海底を少しずつ移動させる方法で良型のアカハタ、オオモンハタ(船中2匹写真は1.6s)をゲット小型はリリースしたが今年最高の釣果だった
 
   2021年6月19日
本日はアカハタ狙い、左のお客さんがアカハタをあげたすぐ後、4.6sのマダイも上がった、下潮が瞬間動いたかも、お二人とも一つテンヤ(小さい針2本)にホタルイカをつけていた、アカハタとカサゴリリースを含め8匹〜12匹程度
 
 2021年3月27日
本日は大島沖のキンメを狙う、大島に近い場所は漁船、遊漁船が多かったので一番手前の場所が空いていたので8流し頑張る、お客さんは最初10本針でアコウを狙う予定だったがキンメの反応がありキンメに変更、3人で2本の竿を使って合計18匹、大きなものは2.3sあった
 
   2021年2月7日
今日はジグでアブラボーズを狙うお客さんは一人、船長も竿を出してとのこと急遽支度をして薄暗い6時投入、20分位で小さな当たりの後竿先を引き込む、リールはミヤマエの4番魚が踏ん張り糸が出ていく、ドラックを占めるとモーターが回らず、最低速でやっと取り込む、小さく見えるが59sです、相場はキロ1,000円です
 
 同日
アブラボーズを船に上げたら針が直ぐ外れた、ムツ針25号「危なかったー」
 
 2020年10月19日
カワハギを狙って出船、朝潮が動いて型の良いカワハギがボチボチ、途中潮が止まったが終了まじかまた釣れ出した、小型は3〜4枚ほとんど良型、お客さんの一言(東京湾ではこんなのなかなか釣れないよ)
良い人で20匹前後
 
 2020年9月11日
本日の狙いはオニカサゴ、お客さんの持っている右端の魚は投入10分でつれた(
重さは1.8s)、場所を変えると着底と同時に良型のオニがかかりお客さんはビックリ、お客さんは3名一人顔を見なかった、船長が1匹、前半程よく潮が流れ後半は潮があまり流れず、食いも止まった。
 
 2020年5月30日
本日の狙いはイサキ、竿頭は45匹一番大きなものは43p、4人が30匹越え、手前のクーラーはイサキ釣初挑戦の方30匹は越えてトリプルが2回あった、「仲間で一番古い方がこんな釣り久々と一言」。
 
  同日
上のお客さんと一緒にイサキ狙い、7時頃イサキと同じ棚でシマアジが2匹、イサキは場所を変えてからの釣果、シマアジ1.36sと0.65s2匹、イサキは大きなものが0.48s17匹、型はよかった(ハリス4号2ヒロ、3m)船長の釣果
 
   2020年4月2日
本日はオニカサゴを狙う、潮もあまり動かず風が強く海も悪かったが、比較的浅いところでオニカサゴ、ホウキハタ、アヤメカサゴなどをゲット、息子さんの持っている方が1.5s、お父さんのほうが1.1s。
 
 2019年8月11日
本日はお客さんがなかったのでボートダイビングの仕事、仕事の合間にアカハタが釣れるので本日も狙う、潮がほとんど動かなかったがアカハタでなくオオモンハタが3匹、大きいのが1.74s、合計で3.86sあった(ワームは4つ入ったものがDAISOで108円を使用)
 
 2018年6月1日
この日最後の流しにアコウが二人で9匹、右側のお客さんは一つ前の流しにアコウを5匹、二流しで10匹(1.5s〜2.5s)
 
  2018年4月20日
本日ベニアコウ狙い、3月31日に岡本さんと一緒に見えて6.5sのベニアコウを釣った方、今日は潮が悪くどこから流しても深くなり、5投目場所を南の根に変え、同じ1000mで46.6sのアブラボーズをゲット
 
 2018年3月31日
本日はテル岡本さんと仲間2名がベニアコウを狙う、一投目右端の6.5sがすぐ上がり、二投目と三投目に岡本さんが4.5sと3.5sを上げた、4投目は風と潮が変わり当たりなし、尚水温も上がり浅場のカサゴもつれ始めました
 
 2018年2月23日
本日は予報が悪く8時30分投入、イカエサでアブラボーズ狙い、12時過ぎまで潮が動かず深海ザメに針をとられる、1時前から潮が動くと同時にお客さんに37.5sのアブラボーズが、船長の仕掛けが邪魔だと思いスイッチを入れしばらくして振り返ると何かわからない魚が43.6sのアブラボーズが、43.6sのアブラボーズは市場で56,273円でした
 
 2018年2月18日
本日のお客さんは、昨年3月5日にジグで66.4sのアブラボーズを釣ったお客さん、本日もジグ釣で三か所回って、二か所目の1投目に1匹、最後の場所で一流し3匹、2時間以上をかけてすべてゲット、28s、30.4s、32.5s、43.4s、4匹合計134.3s(最後の場所は釣り上げてすぐ精子を出したので産卵で集まっていたようです)
 
  2018
 同日
市場で計量すると66.4s、本日のお客さんは名古屋から、お客さんも大騒ぎ、脇を通るダイバーさんも大騒ぎ
 
 2017年2月19日
お客さんは1名、初めてのベニアコウ釣、一投目船長に2.8sのベニアコウ、二投目また船長に7.3sのベニアコウ、4流ししたがこの2匹のみ、船上で写真をお願いしたが写ってなかった
 
 2017
2016 
 2015年12月31日
29日から連続3日目、水深1000mの釣は初めて、50sオーバーのアブラボーズと3.0sのベニアコウ、一言「やってまったーァ」「毎日楽しかった」
アブラボーズは一投目、ベニアコウは四投目
 
  2015年12月30日
前日と同じお客さん、アコウ釣は3回目、初めて釣ったアコウの行列に大興奮(5匹)、デジカメのモニターを見て「宇宙人みたい」と一言
朝二流しで小型のキンメ二人で8匹、三流し目に二人でアコウ6匹、この後潮がおかしくなり釣れず
 
  2015年
 2014年4月12日
岡本さん、アブラボーズ記録更新、55kg→79.9kg(電子計で計量)、水深1000m
詳しくは5月5日、釣りビジョンの番組で
 
 2014年2月23日
3人の釣果「さあアコウダイは何匹?」正解は54匹、朝キンメ8匹、メダイ3匹
アコウ0.9kg〜3.0kg、1.5kg以上が多かった
 
 2013年3月17日
「3名で」集めてみたら18匹
3名合計30匹、1.2kg〜2.5kg
 
 2013年1月12日
朝8時、岡本さんと水深1000mへ、一投目20〜30分程してこの1匹、クーラーに入らず港へ戻る、風が強まり終了
アブラ-ボーズ、62.0kg
(1kg1000円、1匹で6万円でした)
 

もどる